Googleアシスタントで「日時指定をしたアクション」ができるようになった!

GOOGLE

Googleアシスタントをお使いの皆さん、朗報です。

Googleアシスタントとスマートリモコンを連携させて、家電の操作をされている方も多いと思います。
このGoogleアシスタントの音声操作で、「日時指定」をして指示を出すことができるようになったようです。

この説明を聞いて、ピンとこない方もいるかと思いますので、簡単に説明していきます。

追加された新機能「日時指定」とは?

例えば、照明の音声操作を例にしてみましょう。
通常は

「OK Google,照明を消して」

という風に操作をされている方が多いと思います。
これに今回追加されたの日時指定という機能を

「OK Google,1時間後に照明を消して」

つまり、時間や日にちを指定してアクションの指示を出すことができるということです。
これって、意外と簡単そうなことなんですが、今までできなかったんですよね。
僕も、ずっと前からタイマーのように日時指定して操作出来たらいいなぁと思っていたのですが、ついにGoogleでその希望が叶いそうです。

他にも、以下のような指示で動かすことも可能なようです。

「OK Google,30分だけ照明をつけて」

「OK Google,18時に照明をつけて」

いちいち手動でタイマー設定しなくていいので、これはとても便利ですね。

Alexaではできないの?

ちなみに、僕は私生活ではGoogleではなくAlexaを使用しています。
Googleアシスタントの日時指定の機能は便利だなぁと思いながら、
ふと、
「もしかして、実はAlexaでも日時指定できるんじゃない!?」という淡い希望が生まれたので、実際に試してみましたが…
当然できませんでした。

いつかAlexaでも対応してもらいものです。

日時指定の機能はテスト段階

この日時指定の機能はすでに使用できますが、まだ開発段階らしく、正式なリリースではない模様です。
実際に僕も試してみましたが、指示の仕方によっては認識してくれなかったりすることもありました。

しかしながら、現時点で一般の人が使えるように機能が追加されているということは、近いうちに正式な機能追加としてリリースされるということではないでしょうか。
Googleアシスタントをお使いの皆さんも、是非一度試してみてください。

Googleアシスタントでも、Alexaでも言えることですが、音声認識の技術は日進月歩しています。そして、それぞれの音声アシスタントのアップデートにより新しい機能が追加されていきます。
今後音声操作の技術が進んで、人間と話しているのと変わらないくらいの技術に到達したとき、僕らがどのような生活をしているのか考えるとワクワクしますね。
人間と同じように話せるようになるのは、今はまだ10~20年後の遠い未来の話かもしれません。

でも僕らが音声操作を生活に取り入れて、日常的に使用していくことで確実に進化していきます。
これからも、音声技術の進歩を楽しみながら、快適なスマートライフを送っていきましょう!

 

このブログでは、毎週スマートデバイス向けのお役立ち情報やセール情報、新着情報などを更新しています。
「楽しく読める有益な情報」を提供できるように頑張りますので、今後もぜひチェックしていただけると嬉しいです。

0