設定方法<span>eRemote/eRemote mini</span>メイン画像

設定方法eRemote/eRemote mini

※Amazon Alexa・Google Homeと連携する際は、事前に下記手順に従って本製品のセットアップを行なってください。

STEP 1 「eHome」をダウンロード
 

アプリストアで「eHome」をダウンロードします。

注)Android端末をお使いの場合は、以下の手順をお願いいたします。
インストール後、アプリを起動するとアクセス許可を求められますので、全て「許可」をタッチしてください。
※許可にしていない場合は、アプリが起動しない可能性があるため、Google PlayよりeHomeアプリをアンインストールし、再インストールし、再度「許可」をお願いいたします。
取り扱っている情報についてはこちらをご確認ください。

STEP 2 セットアップ前の確認項目

以下のWi-Fiルーターの設定項目をご確認ください。

■スマートフォンを2.4GHz帯のSSIDに接続してください。
※Wi-Fiには以下の2種類の周波数帯がございます

・2.4GHz帯→名前の一部に“G”や“g”と表示があることが多い 例)SSID:xxxx-g
・5GHz帯  →名前の一部に“A”や“a”と表示があることが多い 例)SSID:xxxx-a

5GHz帯のSSIDではセットアップできませんのでご注意ください。

■WiFiパスワードの暗号種類がWEP形式になっている場合は、WPAかWPA2にご変更ください。

MACアドレスフィルタリングがONになっている場合は、OFFにご変更ください。

プライバシーセパレータ(AP隔離、SSIDセパレータ、APアイソレーション、ネットワーク分離)と言われる機能がONになっている場合は、OFFにご変更ください。

■モバイルルーターの設定項目で、Wi-Fi暗号化強化(PMF)という項目がONになっている場合は、OFFにご変更ください。

以下のスマートフォンの設定項目を併せてご確認ください。

■BluetoothをONにしてください。

■位置情報をONにしてください。
※デバイスセットアップ時のみONにする必要があり、セットアップ完了後は位置情報をOFFにしてご利用いただけます

     アプリへのアカウント登録

アカウント登録〜セットアップ動画

1:アプリ「eHome」(無料)をインストールし、アプリを起動。画面の新規登録をタッチします。

2:登録に使用するアカウントを、「メールアドレス」、「携帯電話」、「Facebook」のいずれかを選択します。
※メールアドレスに(_@.-)以外の記号がある場合は登録できません。
※携帯電話の場合、先頭の0を省略したハイフン無しの番号を入力してください
(例.080-1234-5678の場合「8012345678」と入力)

3:登録した先に認証コードが送られるため、認証コード入力後、パスワードを設定してください。
※Facebookで登録した際は、認証コードは届きません。

STEP 3 デバイスのセットアップ

1: ホーム画面に表示される[ デバイス追加 ]をタップします。
セットアップするデバイスを選び、画面の案内に従って設定をおこなってください。

お使いのWi-Fiを選択し、パスワード入力後[ 次へ ]をタップし、追加完了となります。
※Wi-Fiは2.4GHz帯のものを利用してください。

2: 2台目以降は、ホーム画面右上に表示される[ + ]からデバイス追加をおこなってください。

※セットアップに失敗して、eRemote本体のランプが消灯している場合は、こちらにお進みください

   *セットアップに失敗した場合*

<自動セットアップに失敗した場合>

【iOS、Android共通】
1:「別の方法(手動セットアップ)を試す」をタップし、機器本体のリセットボタンを長押しし、ランプを0.3秒間隔の高速点滅にし、「次へ」をタップします。
再度リセットボタンを長押しすると断続的にランプが4回点滅にし、「次へ」をタップします。

【iOS端末を使用の場合】
2:画面下の「Wi-Fiを選択」をタップすると、端末のWi-Fi設定画面に切り替わります。
3:Wi-Fi設定画面にて「BroadlinkProv」をタップし接続し、eHomeアプリを再度開きます。
4:eHomeアプリにて接続するWi-FiルーターのWi-Fi名(SSID)をタップします。

5:パスワードを入力し、「次へ」をタップすると、再度セットアップが開始されます。
正常に完了すると追加完了画面が表示され、セットアップ完了です。
※セットアップ中に ”元のWi-Fi:(接続するSSID)へ接続してから、こちらへ戻ってください” と表示されたら、「設定」をタップしスマホのWi-Fi設定にて該当のWi-Fiを選択し、再度eHomeアプリへ戻ってください。

【Android端末を使用の場合】
2:画面下の「Wi-Fiを選択」をタップすると、端末のWi-Fi設定画面に切り替わります。
3:Wi-Fi設定画面にて「BroadlinkProv」を選択し、端末の戻るボタンをタップし、eHomeアプリに戻ります。
※「インターネット接続なし」と表示された場合は、「いいえ」をタップしてください。

4:eHomeアプリにて接続するWi-FiルーターのWi-Fi名(SSID)をタップします。
5:パスワードを入力し、「次へ」をタップすると、再度セットアップが開始されます。
正常に完了すると追加完了画面が表示され、セットアップ完了です。

※セットアップに失敗して、eRemote本体のランプが消灯している場合は、こちらにお進みください

※上記の方法でもセットアップに失敗する場合は、ルーターに特別な設定がされている場合があります。
以下のFAQよりルーターの設定をご確認ください。

STEP 4 エアコンの登録<自動マッチング>

<自動マッチング>
1:以下の手順より自動マッチング設定画面まで進めてください。
アプリトップ画面の下部 [ デバイス ] > デバイスリストより本製品をタップ > [ +追加 ] >  [ エアコンパネル ]

2:お使いのOS端末により、以下の手順にて設定してください。
【iOS】
お使いのエアコンのメーカーをタップしてください。
(メインメーカーにメーカーがない場合は、リストよりお選びください)
プリセット対応のエアコンか自動マッチングで確認します。リモコンを本製品に向け、電源/冷暖房のいずれかのボタンを押してください。
(登録できない場合は、手動マッチングをお試しください)

【Android】
“登録方法を選択” 画面より [ 自動マッチング ] をタップし、プリセット対応のエアコンか自動マッチングで確認します。
リモコンを本製品に向け、電源/冷暖房のいずれかのボタンを押してください。
(登録できない場合は、手動マッチングをお試しください)

3:お好みの部屋を選択し、下部の [ 完了 ] をタップすると該当のエアコンパネルがダウンロードされ設定完了です。
※eRemote RJ-3の場合、エアコンパネルに室内温度が表示されます。

エアコンの登録<手動マッチング>

お使いのOS端末により、以下の手順にて設定してください。

【iOS】

<手動マッチング>
① お使いのエアコンのメーカーをタップしてください。
(メインメーカーにメーカーがない場合は、リストよりお選びください)
② [別の方法(手動マッチング)を試す]をタップします。次にテストボタンをタップし、パターンが一致するとエアコンが反応しますので、[はい]をタップすると、該当エアコンのパネルがダウンロードされます。
(自動、手動マッチングも対応していない場合は手動学習にてご登録ください)

【Android】

<手動マッチング>
① “登録方法を選択” 画面より [ 手動マッチング ] をタップし、お使いのエアコンのメーカーをタップしてください。
(メインメーカーにメーカーがない場合は、リストよりお選びください)
② テストボタンをタップし、パターンが一致するとエアコンが反応しますので、[はい]をタップすると、該当エアコンのパネルがダウンロードされます。
(自動、手動マッチングも対応していない場合は手動学習にてご登録ください)

STEP 5 各機能の設定 <タイマー設定>

タイマー設定

① タイマーを設定したいリモコンパネルを開きます。
② 右上の「・・・」>「タイマー」をタップし、「タイマー追加」をタップします。

③ お好みで「カウントダウン」「タイマー」を設定してください。
カウントダウン:指定した時間後に実行
タイマー:指定した時間に実行
④ (エアコン以外の場合)「リモコンを選択」をタップし、タイマーをかけたいボタンを指定してください。
⑤ (エアコンの場合)「エアコンを設定」をタップし、オン・オフを選択してください。

<タイマー削除方法>
お使いの端末により以下をご参照ください。

【iOS】
タイマー設定画面にて削除したいタイマー上で、右から左へ指を滑らせてスワイプすると、「削除」が表示されます。
「削除」をタップをすると削除されます。

【Android】
タイマー設定画面にて削除したいタイマー上で、長押しします。
「削除」をタップをすると削除されます。

     各機能の設定 <シーン設定>

シーン設定

ワンタッチで複数の家電を一括操作できるシーン機能の設定を行います。

例)
シーン名 : [ ただいま ]

動作:[ テレビON ] → 5秒後に [ テレビのチャンネル1 ] → 1秒後に [ 照明ON ] → 2秒後に [ エアコンON ]


1:トップページ右上の[ + ] で [ シーン追加 ]をタップします。
2: [ シーン名 ]をタップし、[ ただいま ]を入力し、右上の[ 保存 ]をタップします。
3: [ +追加 ]をタップし、設定するリモコンを選択してください。

4:実行の時間差を変更する場合は、青枠の時間をタップしてください。
5:右上の[ 保存 ]をタップし完了です。

<編集>
設定済みのシーンを編集する場合は、シーン画面右上の[ 編集 ]をタップし、編集したいシーンのシーン名をタップして行ってください。

・リモコンを挿入する場合:挿入するリモコンの後に実行されるリモコンをタップし、[ 挿入 ]から追加してください。
・リモコンを変更する場合:変更するリモコンをタップし、[ 編集 ]をタップし変更してください。
・リモコンを削除する場合:削除するリモコンをタップし、[ 削除 ]をタップしてください。

編集が完了しましたら、右上の[ 保存 ]をタップし、完了です。

<シーンの削除>
シーンを削除する場合は、シーン画面右上の[ 編集 ]をタップすると青枠内の削除アイコン[ ー ]が表示されますので、タップし削除してください。

     各機能の設定 <データの共有>

データの共有

データの共有は、2つの方法があります。
①同じアカウントでログインすると、共有可能です。
②アカウントを分けたい場合は、下記手順をお試し下さい。

●本製品を設定済みの端末(親機)
1:画面下の「設定」→「ホームリスト」→ お使いの「home名」→ 上部にある「QRコード」

2:下部にある ”参加を許可する” 項目にて【参加を許可】が選択されているか確認

3:子機にてQRコードをスキャンし、右上の保存をタップし設定完了
※スキャンできない場合は、子機にて招待コードを入力してください

●共有したい端末(子機)※eHomeアプリにてアカウント登録を行ってください
1:画面下の「設定」→「ホームリスト」→ 右上の「+」ホームに参加

2:親機のQRコードをスキャン
※スキャンできない場合は、右上の「招待コ―ドで参加」をタップし、親機に表示されている招待コードを入力後、「確定」をタップ
3:スキャンすると共有するホームが表示され「参加」をタップで設定完了

     各機能の設定 < IFTTT連携 >

IFTTT連携


IFTTT(イフト)は「IF This Then That」の略です。
その名の通り、IFTTTに「もし○○したら、■■する」というアプレットを事前に設定しておくと、サービスの橋渡しを自動でしてくれます。
先の○○(This)は起動条件にあたりトリガー(サービス)と呼ばれ、後の■■(That)は実行内容にあたりアクション(サービス)と呼ばれます。

弊社製品はトリガーとしてePlugのON/OFF、アクションとして照明・テレビ・エアコン・カーテンなどが操作できるサービスを提供しています。
IFTTT 対応の e シリーズは、下記の通りです。
スマートリモコン :eRemote RJ-3、eRemote mini、eRemote Pro
スマートプラグ  :ePlug C1
スマートカーテン :eCurtain

 

IFTTTの設定手順


IFTTTTアカウントを登録
お使いのスマートフォンにIFTTTアプリをダウンロードします。以下のリンクからダウンロード可能です。

 

Google・Facebookまたはメールアドレスとパスワードを登録してアカウント作成します。
※eHomeアプリ側で設定する項目は特にありません。

 

・eHomeと連携させたいサービスでアプレットを作成

例)“自宅に近づいたら、照明をONにする”設定を説明します。

1:IFTTTアプリのトップ画面最下部の【Get more】をタップします。
2:画面を下にスクロールし、【Create your own】をタップします。
※最上部に【Make more Applets from scratch】という選択がある場合は、そちらをタップします。
3:【This】をタップして動作の起動条件を設定していきます。

4:画面をスクロールし【Location】をタップします。
※ここでは実行条件として自宅の場所を設定するため【Location】を選んでいます。
5:【You enter an area】をタップし、次の画面で【Locate an areaと書かれた空欄】をタップします
6:右下の【GPSマーク】をタップします

7:位置情報に間違いなければ【✔︎】をタップして、次の画面で【Continue】をタップします。
8:【That】をタップして実行条件を設定していきます。
9:【Select action serviceの下の空欄】をタップし「ehome」と入力します

10:【Turn device on or off】をタップします。
※ここでは実行内容として“照明をオンにする”を設定するため【Turn device on or off】を選んでいます。
11:【Connect】をタップします。
12:【Confirmed】にチェックを入れて【Next】をタップします。

13:「eHomeアカウントとパスワード」を入力し【Sign in】をタップします。
14:【“Which device”の下の空欄】をタップして、操作したい家電製品をタップします。
15:【“On or off?”の下の空欄】をタップして、オンにしたいのかオフにしたいのかを選びます

16:【Continue】をタップします。
17:【Finish】をタップします。これで設定完了です。

PAGE TOP