Google Homeとの連携方法メイン画像

Google Homeとの連携方法

Google HomeとeHomeの連携方法を紹介します。

※事前に「eRemote」「eRemote mini」をセットアップしてください。

◆GoogleHomeと
連携方法

     ①eHomeにてリモコンボタンを学習する

1:セットアップ完了後、画面下の“デバイス”をタッチし、eRemote/eRemote miniをタッチします。
2:“照明”パネルをタッチします。
※他のパネルを選択してもGoogle Homeと連動できません。(2018/2/14時点)

3:完了をタッチします。
4:照明のON/OFFを学習します。(明/暗ボタンはスキップします)
※明/暗は、Google Homeに対応していません

     ②照明パネルの名前を変更する

1:右上“・・・”→“設定”をタッチします。
2:名前を「ダウンライト」に変更します。
※この名前がGoogle Homeで呼び出す家電名となります。
3:“保存”をタッチします。

以上でeHomeの設定は完了です。

     ③Google Homeと「eRemote」
「eRemote mini」を接続する

※事前にGoogle Homeのセットアップは完了しておいてください。

1:Google Homeアプリを起動し、左上の設定アイコンをタッチします。
2:「スマートホーム」をタッチします。

3:画面右下の「+」をタッチします。
4:「LinkJapan eHome」をタッチします。
つづいて、eHomeアプリのアカウントをGoogle Homeにリンクさせます。

5:内容確認の上、「確認しました」をタッチし、「次へ」をタッチします。
6:eHomeアプリで登録したアカウント、パスワードを入力し、「サインイン」をタッチします。

※facebookでアカウント登録した場合は、「facebookのアカウントでログイン」をタッチします。

※Google Homeアプリのアカウントではありません。

7:右上の「完了」をタッチします。
8:「OK Google、ダウンライトをつけて」と言ってみてください。

以上で全ての設定は完了です。

◆2つ以上の照明を登録し、
部屋毎にコントロールする

     ①eHomeにて複数の照明を登録する

1:eHomeアプリを起動し、画面下の“デバイス”をタッチし、eRemote/eRemote miniをタッチします。
2:“家電の追加”をタッチします。

3:“照明”パネルをタッチします。
※他のパネルを選択してもGoogle Homeと連動できません。(2018/2/14時点)
4:名前を“アロマ”に変更し、“完了”をタッチします。

5:同様の手順で複数の照明を登録します。
6:ホーム画面に戻り、全て登録されていることを確認します。

以上で、eHomeの登録は完了です。

     ②Google Homeアプリにて登録した
照明を各部屋に割り当てる

1:Google Homeアプリを起動し、左上の設定アイコンをタッチします。
2:「スマートホーム」をタッチします。

3:eHomeアプリにて登録した照明が表示されることを確認します。
4:“部屋”をタッチし、リビングの鉛筆マークをタッチします。

5:リビングに割り当てる照明を選択し、戻るボタンをタッチします。(ここでは3つを選択しています)
続いて、部屋:ダイニングを作り、ダウンライトを割り当てます。
6:「+」をタッチし、ダイニングを選択します。

7:ダウンライトを選択し、“完了”をタッチします。
8:“デバイス”をタッチし、全ての照明が各部屋に割り当てられていることを確認します。
9:「OK Google、リビングの照明をつけて」と言ってみてください。3つのライトが一度に点灯します。

以上で全ての設定は完了です。

◆簡単な言い方に変更する
(例.「OK Google、ただいま」、「OK Google、行ってきます」)

1:Google Homeアプリを起動し、左上の設定アイコンをタッチします。
2:「その他の設定」をタッチします。

3:「ショートカット」をタッチします。
4:右下の「+」をタッチします。

5:「ただいま」、「リビングのライトをつけて」と入力し、“保存”をタッチします。
「OK Google、ただいま」と言うと「OK Google、リビングのライトをつけて」と同じ動作を行います。リビングに3つの照明を登録している場合、一度に3つ照明をつけることができます。
6:右下の「+」をタッチします。
「OK Google、行ってきます」と言うと、「OK Google、ライトを消して」と同じ動作を行います。登録している全ての照明を一度に消すことができます。

◆発話例
(2018/2/14時点)

Googleが提供する標準機能を採用しており、発話方法についてはGoogleに準拠いたします。

1.家電を指定してコントロールする。
「ダウンライトをつけて」「ダウンライトをオン」→ダウンライトがつきます。
「ダウンライトを消して」「ダウンライトをオフ」→ダウンライトが消えます。

2.部屋を指定してコントロールする。
「リビングのライトをつけて」「リビングの照明をつけて」→リビングに登録している全ての照明がつきます。
「リビングのライトを消して」「リビングの照明を消して」→リビングに登録している全ての照明が消えます。

3.登録している全ての照明をコントロールする。
「ライトをつけて」「照明をつけて」→登録している全ての照明がつきます。
「ライトを消して」「照明を消して」→登録している全ての照明が消えます。

◆よくある
ご質問

Q:エアコン、テレビには対応していますか?
A:現時点(2018/2/14)では対応しておりません。Googleが提供するスマートホーム標準機能がエアコン、テレビに対応していないためです。Google による機能拡張に応じて弊社も順次対応して参ります。
ただし、照明パネルにエアコンやテレビのリモコンボタンを学習し、照明パネルの名前をエアコンやテレビに変更することで、コントロールすることは可能です。設定に手間がかかりご不便をお掛け致しますが、代替方法としてご活用頂けますと幸いです。

Q:なぜGoogleのスマートホーム標準機能を採用しているのですか?
A:スマートホーム標準機能を利用すると「イーリモートを使って、◯◯をつけて」のように面倒な言い方をせず、スマートで直感的に呼びかけすることができます。また、部屋の管理機能も利用でき、一度に複数家電を操作できるというメリットもございます。現時点では機能制限がございますが、お客様の利便性を第一に考え、標準機能を採用しております。ご不便をお掛け致しますが、何卒、ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

Q:eHomeアプリの部屋とGoogle Homeアプリの部屋は連動していますか?
A:連動していません。お手数お掛け致しますが、それぞれのアプリにてご登録をお願い申し上げます。

Q:Google Home1台で複数台の「eRemote」「eRemote mini」をコントロールすることはできますか?
A:はい、可能です。例えば、リビング、寝室、子ども部屋にeRemoteを設置し、リビングにあるGoogle Homeから各部屋の家電を操作することができます。

Q:登録できる家電の数に制限はありますか?
A:いいえ、ありません。例えば、リビングにある3つの照明、寝室にある2つの照明、書斎にある1つの照明をeHomeで登録し、合計6つの照明を音声コントロールすることができます。

使い方についてわからないことがありましたらサポートチームまでご連絡ください。

PAGE TOP