設定方法<span>eRemote 旧版アプリe-Conctol</span>メイン画像

設定方法eRemote 旧版アプリe-Conctol

①「eRemote 旧版アプリe-Conctol」を
ダウンロード

アプリストアで「e-Control」をダウンロードします。

②本体セットアップ

①本体を電源に接続します。

「eRemote」の青いランプが0.3秒間隔で点滅します。
(点滅の間隔が遅い場合や点滅しない場合は、速く点滅するまでリセットボタンを5秒以上長押します。カチッと音がなるまで押して下さい。)

※スマホをWi-Fiに接続してください。(必ず「eRemote」を設置する場所のWi-Fiにつなげてください)

②スマートフォンをWi-Fiに接続します。

③アプリを立ち上げます。

Sign in 画面が表示されるので、「Skip」を
タッチして次へ

④Wi-Fiパスワードを入力します。

セットアップを開始します。

  • スマホをWIFIに接続していることを確認し、同じSSIDとWIFIパスワードを入力して、[SET]をタッチするとセットアップがスタートします。
  • 画面が切り替わったら、セットアップ完了です。

(Wi-Fi名は「漢字」「ひらがな」「カタカナ」「スペース」にしないでください。接続できなくなります。)

※セットアップがうまくいかない場合は、こちらを参照してください

⑤セットアップ完了

セットアップが成功するとこちらの画面に切り替わります。
「eRemote」をタッチするとリモコン登録画面へ移動します。

※「eRemote」下の番号はMACアドレスです。
※「eRemote」の長押しで名前を変更できます。

③リモコンを学習

TOP画面右上の「+」をタッチし、「リモコン+」をタッチします。

①エアコンの場合

エアコンは、プリセット型と学習型の2種類あります。プリセット型は、リモコンのボタンを1つ学習させると、基本ボタン情報を自動的にクラウドからダウンロードするため、リモコンのボタンを1つずつ学習していく必要がありません。学習型は、エアコンパネル上で、任意にリモコンのボタンを1つずつ学習していくものとなります。

エアコンパネルをタッチすると、「学習させたいボタンを押す」と表示され、機器ののLEDランプが点灯します(eRemote:赤色 eRemote mini:白色)。

「eRemote/eRemote mini」に学習させます

リモコンの電源ボタンを「eRemote/eRemote mini」へ向けて押します。
画面から「学習させたいボタンを押す」という表示が消え、LEDランプも消えると学習完了です。

【プリセットエアコン】

お使いのエアコンがプリセット型に対応している場合、この画面へ移動し、学習完了となります。
右上「・・・」をタッチし、[パネル情報]で名前の編集とアイコンの変更ができます。

※お使いのエアコンがプリセット型に対応していない場合、学習エアコンパネル画面に切り替わります。
※機種によっては、エアコンの電源を入れる際に
①電源ボタンをタップすると、電源が入る場合
②運転切替でモードを選択すると、電源が入る場合
の2種類があります。
※「eRemote mini」は温度センサーが搭載されていないため、温度表示はされません。

快眠モード設定

快眠モード設定とは、時間帯を指定し、その範囲内でエアコンの設定を自動的に変更させることができます。
例.時間帯を23時~7時と指定
23時~3時:冷房24℃、中/3時~6時:冷房25℃、弱/5~7時:冷房24℃、自動

①エアコンパネル画面の「快眠」を押すと、時間設定画面が表示されます。
②「快眠」モードに設定したい時間帯を指定し、「確定」をタッチすると、「快眠」モードの詳細設定画面へ移動します。

③グラフの●にタッチし、そのまま上下スライドし、時間帯に合わせて好みの温度に設定します。
④下側に表示されている「自動」「冷房」「暖房」「除湿」いずれかをタッチしてモードを設定します。
⑤「快眠」モード設定完了の場合は「✓」を、キャンセルしたい場合は「×」をタッチして下さい。エアコンリモコン画面へ移動します。
⑥エアコンリモコン画面で「快眠」をタッチし、緑色に表示されれば設定完了です。

※「快眠」機能を初期化したい場合は、「快眠」という文字を長押ししてください。「快眠機能をすべてOFFにしますか?」と表示されるので、「OK」を押すと初期化されます。

【学習エアコン】

お使いのエアコンがプリセット型に対応していない場合、「学習リモコン」画面へ自動的に移動します。

【冷房/暖房の学習】

①リモコン本体の電源を入れ、「温度」「風量」などを任意に設定し、電源を切ります。
②アプリ上のエアコンパネル中央の+をタッチします。
③「学習させたいボタンを押す」と表示されたら、リモコンを「eRemote/eRemote mini」へ向け、電源ONのボタンを押して下さい。
④表示が消えたら学習完了です。

※「eRemote mini」は温度センサーが搭載されていないため、温度表示はされません。

「モード名」をお好みで入力し、「モードタイプ」を選択、「設定温度」を選択したら「確認」を押して設定完了です。

【電源OFFの学習】

①リモコン本体の電源を入れます。
②アプリ上のエアコンパネルの電源ボタンをタッチします。
③「学習させたいボタンを押す」と表示されたら、リモコンを「eRemote/eRemote mini」へ向け、電源OFFのボタンを押して下さい。

※風量、風向、温度▲▼などのボタンは、「+」をタッチして追加してください。

設定が完了し、「戻る」をタッチすると、TOP画面に新しいリモコンができます。

※アプリを立ち上げた直後は、サーバと接続中のため「オフライン」と表示されることがあります。しばらく時間を置いてから操作してください。

④その他家電の学習と設定

【TVパネル】

【TVリモコンの学習】

①TOP画面右上の「+」から「リモコン+」をタッチし、TVを選択してください。
②リモコンパネル上のボタンをタッチして、リモコン本体の割り当てるボタンを「eRemote」に向けて押して下さい。機器のLEDランプが消えると学習完了です。
③リモコンパネル中央右にある「More」を押すと「カスタマイズ」ボタンが出てくるので、お好みで学習させてください。

【TVリモコンの設定】

右上の歯車マークからリモコンの設定を変更することができます。
・背景を「白」、「黒」に設定できます。
・「パネル情報」からボタンの名前やアイコンを編集することができます。

【オーディオパネル】

【オーディオリモコンの学習】

①TOP画面右上の「+」から「リモコン+」をタッチし、オーディオを選択してください。
②リモコンパネル上のボタンをタッチして、リモコン本体の割り当てるボタンを「eRemote」に向けて押して下さい。機器のLEDランプが消えると学習完了です。

※本パネルを利用せず、下記のカスタマイズパネルでも登録できます。

⑤カスタマイズ設定

カスタマイズにて、お好みのリモコンを作ることができます。
作り方は、二通りあり、「順番並び」と「自由並び」があります。「順番並び」では、リモコンのボタンを自動配列します。「自由並び」では、リモコンのボタンをお好みで配置できます。
例えば、よく使うボタン(テレビのON/OFF、音量、チャンネル↑↓、照明のON/OFF、エアコンのON/OFF)を、1つの画面に配置することも可能です。

【順番並び】

①TOP画面右上「+」をタッチし、「リモコン+」を選択します。
②「カスタマイズ」→「順番並び」を選択します。
③「+」をタッチします。

④「イメージ」にて、ボタンの表示を写真などに変更することができます。
※ボタンを一つ飛ばして配置したい場合は、「スペース」→「追加」を選択します。

⑤「ギャラリー」を選択すると、事前に登録されている画像を利用することができます。

⑥画面右上の「保存」をタッチすると、前の画面に戻ります。

⑦作成したボタンをタッチして「学習」を選択し、「eRemote/eRemote mini」にリモコン本体を向けて、学習させるボタンを押してください。
※「利用シーン学習」を選択すると、シーン設定(マクロ実行)を登録できます。

【自由並び】

①TOP画面右上「+」をタッチし、「リモコン+」を選択します。
②「カスタマイズ」→「自由並び」を選択します。
③右上「歯車」をタッチし、「+並び替え-追加」をタッチします。

④左上の「+」をタッチし、名前を入力します。「イメージ」を押すと、写真などにボタンを変更することができます。

⑤追加したボタンは、タップしながらそのまま動かし、自由に配置できます。
⑥上記の流れで、ボタンを追加していきます。
⑦配置が完了したら、右上の「保存」をタッチし、リモコン学習の画面へ戻ります。

⑧作成したボタンをタッチして「学習」を選択し、「eRemote/eRemote mini」にリモコン本体を向けて、学習させるボタンを押してください。
※「利用シーン学習」を選択すると、シーン設定(マクロ実行)を登録できます。

【ボタンを編集、削除する場合】
ボタンを長押しすると、左記の通り、各項目が出てくるので、選択してください。

⑥シーン設定

シーンとは、複数家電の操作を1回のタッチで実行する機能です。例えば、おやすみシーン(照明OFF、エアコン弱ON、テレビOFF)、おでかけシーン(照明OFF、エアコンOFF、お掃除ロボットON)を設定することができます

①TOP画面右上の「+」→「シーン+」をタッチします。

②+をタッチすると、既に学習しているリモコンが表示されます。

③実行するボタンを選択し、操作名を入力します。
④同様の手順で、リモコン操作を追加していきます。

⑤シーン名をタッチし、名前を変更します。
⑥最後に、画面右上の「保存」を押して完了です。
※TOP画面の上部にシーンが表示されます。
※シーンの内容を変更する場合は、シーンの長押しで編集できます。

各操作の実行間隔を変更することができます。
指示と指示の間にある「0.5S」をタッチすると、実行間隔を選択できます。

⑦ジェスチャー設定

スマホを振ったり、フリックして家電をコントロールできます。
例)
左右にフリックしてチャンネル変更
スマホを振ってTVの電源や照明OFF
①TOP画面の「+」から「リモコン+」を押し、「ジェスチャー」を選択します。

②ジェスチャーを選択し、学習させるリモコンのボタンを「eRemote/eRemote mini」へ向けて押してください。

⑧タイマー設定

「一日に複数回」、「曜日を指定」して、家電操作をタイマー設定することができます。
例)
月曜から金曜日まで、夜1時にエアコンをOFF、朝6時にエアコンをON
月、水、金曜日の朝10時にお掃除ロボットON

①タイマー設定したいリモコンボタンを長押し、「タイマー設定」を選択します。

②「リピート」にて、「一回のみ」、「毎日」、「曜日指定」を選択します。
③タイマー名を入力し、右上の「保存」をタッチすると設定完了です。

【設定したタイマーの確認】
リモコンパネルを開き、画面右上の歯車をタッチし、「タイマーリスト」にて設定情報を確認できます。

【設定したタイマーの削除】
削除するタイマーを左フリックし、「削除」をタッチして削除してください。

【タイマーが実行された時にスマートフォンへプッシュ通知を送る】
①TOP画面右上の「+」→「リスト」→タイマーを設定している機器をタッチします。
②そのまま、右上の歯車をタッチします。
③「デバイス情報」を選択し、「メッセージプッシュ」をONにすると設定完了です。

⑨その他表示の説明

TOP画面を右フリックすると、画面が切り替わります。
◆デバイス追加
2台目以降のeRemoteやeRemote mini、eSensor、ePlugなど、eシリーズ製品を追加する場合に利用します。デバイス追加方法は、各製品のマニュアルを参照ください。

◆バックアップ
スマートフォンの紛失や機種変更に備えて、作成したリモコン情報をクラウド上に保存することができます。
①アカウント情報を登録します。「設定」をタッチし、「アカウント管理」より登録します。(アプリをダウンロードした際に登録した場合は、そのままログインしてください)
②アカウント登録が完了したら、ログインし、「バックアップ」をタッチします。

③「クラウドにバックアップ」を選択し、完了すると下に「バックアップ成功」と表示されます。
④復元する場合は、「クラウドバックアップリスト」より選択し、「復元」をタッチします。

◆端末間共有
登録したリモコンをご家族や友人と共有する場合に使います。
①端末間共有をタッチします。

リモコン登録済のスマートフォンをA、リモコン登録されていないスマートフォンをBとして説明します。
①2台を同じWi-Fiに接続します。
②A(リモコン登録済)にてアウトプットをタッチすると、左画像のようなメッセージが出てきます。
③B(リモコン登録未済)でインプットをタッチします。
④Aのリモコン登録内容が、Bにコピーされます。

◆設定
・バイブタッチ
リモコンボタンをタッチした後に、操作が実行されたかどうかをバイブで知らせる機能です。
・お知らせプッシュ
LinkJapanからのお得情報、ファームウェアアップデート情報などのお知らせを受け取ることができます。
・ジェスチャーパスコード
アプリを開く際にパスコードセキュリティをかけることができます。
・°Fで温度表示
華氏(°F)表示に変更することができます。
・背景
TOP画面の背景を変更できます。
・アカウント管理
自分のアカウント名や写真、メールアドレス、パスワード等を変更することができます。
・About us
アプリ、LinkJapanの情報を確認できます。

◆サポート
操作に関するご不明点などありましたら、こちらからサポートへお問い合わせください。

◆マニュアル
LinkJapnanホームページにあるマニュアルページへジャンプします。

⑩ファームウェアアップデート

不具合改善など機器の更新を行う場合、ファームウェアアップデートを行うことで最適化することができます。

①TOP画面を左フリックし、デバイスリストを開き、ファームウェアアップデートを行う機器をタッチします。

②右上の歯車をタッチし、「デバイス情報」をタッチします

③「ファームウェアアップデート」をタッチします。
④上段が現在のバージョン、下段がクラウド上にアップされている最新のバージョンです(数が大きい方が新しい)。

⑤最新のバージョンでない場合は、下段の最新バージョンをタッチして更新を行って下さい。

⑥ファームウエアバージョンがv20022の場合は最新の状態ですので、そのままご利用下さい

11.複数機器の管理、デバイスロック

e-Controlアプリでは、複数の機器を1つのアプリで管理することが可能です。
追加する場合は、TOP画面右フリックで「デバイス追加」、あるいはTOP画面右上「+」をタッチし、「デバイス+」からデバイスの追加を行って下さい

◆各機器の右側の表示について
Wi-Fiマーク:スマートフォンと機器が同じWi-Fiに接続されています。
雲マーク:機器を外出先から操作できる状態です。
☓マーク:機器がWi-Fiに接続されていない等、スマートフォンから機器へアクセスできない状態です。
※☓マークの場合は、機器が設置されている場所でのWi-Fiが不安定な場合がありますので、設置環境をご確認ください。

スマートフォン(アプリ)への機器の追加は、最初に一度行えば、スマートフォン二台目以降は、アプリ(e-Control)をインストールし、機器と同じWi-Fiに接続するだけで自動的に機器が追加されます。ご家族の方のスマートフォン(アプリ)へ機器の追加が完了したら、その後、「デバイスロック」を行うことで、自動的に機器が追加されないようにすることが可能です。

①TOP画面を左フリック、あるいは、TOP画面右上の「+」→「リスト」をタッチして接続している機器を表示します。
②デバイスロックをかける機器を選択し、そのまま、右上の歯車をタッチします。
③「デバイス情報」を選択し、「デバイスロック」をONにすればロック完了です。

使い方についてわからないことがありましたらサポートチームまでご連絡ください。

PAGE TOP