CO2濃度(密)を見える化
三密対策・コロナ予防に

eAir
イーエアー
eAir<span>イーエアー</span>商品画像01 あらゆる場所の空気質を見える化。
安心な空間作り

密になりやすい会議室・店舗の
3密を防止し
新型コロナウィルス感染予防対策に

eAir<span>イーエアー</span>画像

人が集まる会議室や店舗は密になりやすい空間である一方で、CO2は目に見えません。
CO2センサーeAirは空間のCo2濃度を
高精度測定し見える化する事で、効率的な換気ができ、
新型コロナウィルス感染予防対策に繋げる事が
できます。さらに、室温と湿度も測定可能。
確実な換気目安と空調管理、二つ同時に得られるのもeAir ならではのメリットです。

新型コロナウイルス感染症対策と二酸化炭素濃度の
関係について、
こちらをご参照ください。 出典: 厚生労働省

設定は不要。
開けたらすぐに使える。

eAir<span>イーエアー</span>画像

eAirは他の機器を用意したり設定をしなくても、
箱から取り出して直ぐに利用開始できます。
4色のLED& リアルタイム数値のダブル表示でCO2濃度は一目瞭然。
空気質を見える化する事で換気を効率的に行い、
「開け放しでエアコンをつけ続ける」といった
電気代の無駄を極限まで減らす事ができます。
また、CO2濃度の管理は、その場にいる人の体調悪化防止にもつながります。
オフィスや店舗にeAir を導入しない理由が
見当たりません。

たとえばこんな使い方
❶ 飲食店等の店舗

eAir<span>イーエアー</span>画像

デザイン性に優れ、直感的にわかる表示画面の
eAir だから、店舗にも溶け込み、
店舗業務の負担にならず、またお客様に対しても、
より明確に安心感を与える事ができます。

たとえばこんな使い方 ❷
会議室

eAir<span>イーエアー</span>画像

会議中はつい議論に夢中になりがち。
会議が終わって、初めて息苦しさに気づいた経験はありませんか?
実はそれ、CO2 の影響による体調の悪化なのです。
eAir なら大きな画面で4色のLED とリアルタイム数値を表示するので
空気質の変化に直ぐに気付く事ができます。

さらに便利!アプリ連携で
離れた場所からでもCO2濃度を確認

eAir<span>イーエアー</span>画像

アプリを連携すれば、その場にいなくてもCO2
濃度を確認可能です。
ビル管理センターから、お店のオーナーは外出先から etc…様々な場所で空気質を見守り、
より確実な安心を得られます。

据置はACアダプタ、
数時間の利用はバッテリー
ハイブリッド電源だから、
使い分け自由

eAir の電源はアダプタとバッテリー両対応。
会議室等で据置の場合は、AC アダプタ、店舗の客席等では
内蔵バッテリー駆動で、自由に移動が可能です。
ハイブリッド電源だから、
様々な場所や用途に対応できるのも
eAirの特徴です。

eAir<span>イーエアー</span>画像

ロープライスで複数台導入もOK

eAir<span>イーエアー</span>画像

機能は良くても、高くては意味がありません。
eAir はひとつの会社、ひとつの店舗が
複数台買えるような価格で、手軽に購入する事ができます。

業界唯一!
レンジフードや家電との連動で
効率よく自動換気や空調管理

eAir<span>イーエアー</span>画像

eAirはスマートホーム統合アプリHomeLink対応だから
レンジフードや家電と連動し その場のCO2 や温湿度に合わせて自動換気や
温湿度調節を行う事ができます。
空気という目に見えないものだから、見える化し、他製品との連動を行う事は非常に重要です。
それが実現できる業界唯一のCO2・温湿度センサーがeAirなのです。

どうする?窓のない場所の換気について

eAir<span>イーエアー</span>画像

窓がない店舗や会議室の場合、入り口や天井の換気口等に向けて
サーキュレーター等で送風すれば、十分な換気効果があります。
eAirでCO2濃度を見える化し、サーキュレーターで送風換気の合わせ技で
窓のない店舗や会議室の3密対策もバッチリ行う事ができます。

スペック

製品名eAir
型番air1
通信WI-FI(IEEE802.11b/g/n)
定格電源5V 2A(Micro USB)
バッテリー充電式 1400mAh
動作環境温度:-20~50℃、湿度:0~99%
外形寸法(L×W×H)110×98×48mm
APP要件iOS 11.0以上/Android7.0以上

測定項目測定範囲
CO2350~5000PPM
温度-9~50℃
湿度0〜99%RH

PAGE TOP