シンプルで使いやすい!新発売のIoTセンサー!eSensor2を紹介!

NEWS

梅雨ですねぇ。
ねっとりとした空気が肌に張り付き、寝苦しい夜もあるでしょう。
今回はこんな季節にぴったりの製品を紹介します。

ところで、梅雨ってなんで「梅」という漢字を使うのでしょう?
梅雨時期と梅の開花の時期は全く違うのに。

実は、梅雨という言葉は中国が発祥。
中国の揚工江という地域では、梅の実が熟す季節が雨季にあたるそうです。

ちなみに中国から伝わった時は、「梅雨(ばいう)」という読み方だったそうですが、その後日本で「梅雨(つゆ)」という呼び方に変わったそうです。

さて話が少しそれましたが、今回は梅雨の時期や、これから来る夏の時期にぴったりな新製品eSensor2の紹介です!
eSensor2で部屋の温度や湿度を管理して、快適な部屋作りを始めてみてはいかがですか?

温度・湿度をスマホで管理できるeSensor2!

eSensor2は、温度と湿度を計測できるIoTスマートセンサーです。
株式会社リンクジャパンが提供するアプリ「HomeLinkアプリ」で使用することができます。

外観は白を基調としたシンプルな見た目で、インテリアを損なわないデザインとなっています。
裏面には穴があるので、壁にかけて利用することも可能です。

外寸のサイズは 64mm x 64mm x 28mm のコンパクトサイズで、手のひらに収まります。本体の重量は73g。単3電池三本(別売)で、最長で1年間動作します。
※動作期間は使用する電池の性能によって異なります。

画面には温度と湿度が大きく表示されるので視認性が良く、通常の温湿度計としても利用可能です。
温湿度センサーは、スイスのセンシリオンというメーカーが製造している高精度センサーを搭載しています。

アプリ連携でできること


アプリに連携すれば、温度や湿度を離れた場所からでもスマホで確認をすることができます。
さらに、日にちごとの履歴の確認も可能で、グラフをタップすれば細かな時間も確認することができます。履歴の機能は、植物やペットの室温管理などに使用できそうですね。

また、スマホへの通知設定をすることもできます。
家でペットを飼っている家庭であれば、室温の管理をしている方も多いかと思います。
夏場や冬場などの温度差の激しい季節などは、なおさら室温が気になることもありますよね。
そんな時に、スマホに室温の通知をする設定をしておけば、不測の事態の備えにもなります。

ちなみにペットの見守りについては、以下の記事もオススメです。

【オススメ】スマートリモコンとスマートカメラでペットの見守り
 

さらに、スマートリモコンでお馴染みのeRemote miniやeRemote RJ-3、スマートプラグのePlugをお持ちの方はeSensor2と連動させて家電を操作することも可能です。

例えば

・温度が27℃に上がったら冷房をON。
・湿度が40%以上に下がったら加湿器をON。

このように設定すれば、都度家電の操作をしなくても、状況に応じて自動的に家電を動かすことが可能になります。
どうです?結構便利でしょう?

連動の設定については、以下で説明していますので、参考にしてみてください。

設定方法eSensor2

ePlugで加湿器を利用する方法は以下の記事で紹介しています。

加湿器を自動化!スマートプラグの使い方や注意点を解説【冬のウィルス対策】
 

いかがでしたでしょうか?
今回はリンクジャパンの新製品、eSensor2の紹介でした。
見た目がシンプルでオシャレなので、インテリアとしての温湿度計としても使用できますし、アプリと連携すれば便利なIoTセンサーとしてスマホから利用もできます。
お値段もお手頃価格なので、ただ単に温湿度計をお探しのあなたにもオススメの製品だと思います。

今回の記事した製品

eSensor2(シンプルで高精度なIoTスマートセンサー)

このブログでは、毎週スマートスピーカーやスマートデバイス向けのお役立ち情報やセール情報、新着情報などを更新しています。
「楽しく読める有益な情報」を提供できるように頑張りますので、今後もぜひチェックしていただけると嬉しいです。

+1