eRemote|IoT スマートホーム・IoT スマートハウス|Link Japanメイン画像

eRemoteとスマホ1つで暮らしが変わる

いつも持ち歩くのは、リモコンではなくスマートフォン。
自分のライフスタイルに合わせて、自宅のさまざまな家電を、
家の中ではもちろん外出先からもコントロールしましょう。※1
eRemote|IoT スマートホーム・IoT スマートハウス|Link Japan画像01

家の中のリモコンすべてを
これ一つに

TV、エアコン、照明、オーディオなど、リモコンが多くなりすぎて管理が面倒になっていませんか?

eRemoteは学習型リモコンで、リモコンの赤外線をeRemoteに記憶させて、スマホからWi-Fi経由で指示を出すため、メーカーや型番、年式関係なく、様々な家電をコントロールできます。※2

さらに、eRemoteを寝室やリビング、子供部屋などに複数台設置しても、1つのアプリで全て管理できます。

寝室でリビングのエアコンをつけたり、リビングで子供部屋の照明を消したりすることも可能です。





eRemote|IoT スマートホーム・IoT スマートハウス|Link Japan画像02

外出先から家電を操作

外出先から特別な設定をすることなく、簡単に自宅の家電へアクセス&コントロール。
寒い冬や暑い夏でも帰る前にエアコンをつけて、快適な部屋へ帰りましょう。※3
また、留守をしているペットや小さなお子様の為に、外出先から家電をコントロールできます。
本体に温度センサーが搭載されているため、スマホで温度を確認しながら温度を調整することができます。
エアコンが本当についたかどうか不安な時でも、温度変化を見れば一目瞭然です。※4
エアコンをつけっぱなしにする必要がなくなるため、省エネ効果も期待できます。
eRemote|IoT スマートホーム・IoT スマートハウス|Link Japan画像03

使い方が簡単

特許技術をいかした簡単セットアップによって、
ゲーム感覚で直感的に設定可能です。

❶無料アプリをスマホにインストール

❷eRemote本体を電源に接続

❸アプリを立ち上げ、パスワードを入れたら、「SET」をタッチするだけでセットアップ完了※5

❹必要なリモコン機能をアプリに覚えさせたら、アプリから家電を操作しましょう。
eRemote|IoT スマートホーム・IoT スマートハウス|Link Japan画像04

防犯対策

旅行中、定期的に自宅の照明をつけることで、
侵入されるリスクを軽減できます。

また、一人暮らしの女性は帰宅する前に照明をつければ、
部屋を特定されなくて済みます。
eRemote|IoT スマートホーム・IoT スマートハウス|Link Japan画像05

便利なタイマー機能

スマホアプリならではの操作性で、タイマー設定しましょう。

「1回だけ実行」「平日だけ実行」「同じ日に繰り返し実行」など、従来のリモコンでは実現できなかったタイマー機能もeRemoteなら簡単に設定できます。

さらに、設定したタイマーはクラウドに保存され、eRemote経由で指示を出すため、タイマー機能が付いていない家電製品にも使えて、スマホの電源が切れてもタイマーが作動します。

これなら、タイマー付きの高い家電を買う必要も、熱帯夜に冷房をつけっぱなしにする必要も、なくなるかもしれません。
eRemote|IoT スマートホーム・IoT スマートハウス|Link Japan画像06

360°送信

eRemoteの赤外線送信端子は7本も付いています。

通常1本しか付いていないリモコンでは30度しか送信できないため、家電に向けて操作しないと反応しませんが、eRemoteは360度送信できます。

部屋の適正な位置に設置すれば、全方向に信号を送れますので、もう向きを気にする必要がありません。
eRemote|IoT スマートホーム・IoT スマートハウス|Link Japan画像07

シーンを設定して、ワンタッチで制御

従来のリモコンでは、お休みの前に複数のリモコンを手に取り、
一つずつ電源ボタンを押す必要がありました。
しかしeRemoteなら、「おやすみシーン」を設定すれば、ベッドに入ってからでも、
アプリをワンタッチするだけですべてを消すことができます。
もちろん「映画鑑賞シーン」、「ただいまシーン」も作成でき、ワンタッチで思うがままに操作できます。
eRemote|IoT スマートホーム・IoT スマートハウス|Link Japan画像8

自在にコントロール

スマホを振って照明を消したり、画面をフリックしてテレビチャンネルを変えたり、スマホを魔法スティックのように使ってみませんか。
eRemoteのジェスチャー機能を使えば、画面を見なくても、各種ジェスチャーで家電をコントロールできます。設定も直感的で驚くほどかんたん。
アプリのコントロール画面をもっとお洒落に仕上げたいなら、カスタマイズ機能を使いましょう。アイコンを好きな写真に変更したり、リモコン画面を自分でデザインするなど、全てをゲーム感覚で出来ます。
もちろん、作成済みのリモコンを「共有」機能で家族にシェアする事も可能です。
eRemote|IoT スマートホーム・IoT スマートハウス|Link Japan画像10

世界最高水準のセキュリティ

eRemoteを始め、Link Japan Eシリーズの制御コマンドは、スマホ本体とクラウドにのみ保存されます。
そのため、制御はそのどちらかでないとできないようになっています。

例え家庭内ネットワークに進入できたとしても、コマンドデータを利用できるわけではないので、勝手な制御はできません。
スマホを紛失しても、eRemote本体をリセットすれば機能しなくなります。

クラウドのセキュリティについては、世界最高水準の安全性を誇るAmazonのAWSを利用しています。
eRemote|IoT スマートホーム・IoT スマートハウス|Link Japan画像11

eRemoteの使用例

eRemoteは様々な環境でそれぞれの目的で世界中の人が利用しています。
こちらでは中でも多い利用中のユーザーの声をご紹介します。
eRemote|IoT スマートホーム・IoT スマートハウス|Link Japan画像13
出かける間際のリモコン探しや、急な電池切れの手間が解消されました!

スマホ1つに色々なリモコンをまとめることができるし、
くつろいでいる時、リモコンを取りに立ち上がる必要もなくなり、ストレスがなくなりました!

朝起きた時や帰宅する前に、快適な室温に設定できて幸せな気持ちになります!

ベッドに入ってから明かりを消せるし、
夜出かける時もドアを閉めるまで明るい状態を保てるので怖くなくなりました!

朝が苦手でタイマーだけではなかなか起きれませんでしたが、
照明やTV、音響などを目覚ましで使えてすっきり起きれるようになりました!

父は身体が不自由で動きまわることが困難なのですが、
手元にあるスマホ1つで家電が操作できて感動しました!

恋人と映画を観ている時など、雰囲気に合わせてスマホで照明を操作できてびっくりされました!

eRemoteはひとりではない

eRemoteにはEシリーズと呼ばれるファミリーがいます。
皆が同じ言葉(プロトコル)で会話しているので、
お互いに指示を出したり指示を受けて命令を実行したりする連動機能があります。
eSensorが温度や湿度を感知して、自動でeRemoteに指示を出し、エアコンや加湿器をつける事も、
eSecurityが帰宅を感知して、自動で照明やテレビをつける事も、
思いがけないほど1つのアプリでかんたんに設定できます。
クールなオートホームメーションも、楽しいサプライズも、あたなの想像力次第で実現可能です。
eRemote|IoT スマートホーム・IoT スマートハウス|Link Japan画像12

※1、ご利用するにはWi-Fi環境が必要です。
※2、一部特殊な赤外線を学習できない場合があります。
※3、ストーブなど発火性あるものには利用しないでください。
※4、家庭用のため、多少の誤差があります。
※5、お使いのWi-Fiルータの仕様により、設定を変更する必要があります。
eRemote|IoT スマートホーム・IoT スマートハウス|Link Japan画像13