ecurtain

いつでもどこからでも
「カーテン」をコントロール

「eCurtain」は、スマホや声でコントロールできる国内初のWi-Fi電動カーテンです。ご自宅にインターネットが利用できるWi-Fiがあれば、スマホや声でカーテンを操作することができます(手動でも開閉できます)。自宅はもちろん、外出先からも開閉状況をリアルタイムで確認しながら、スマホで操作することができます。
※声で操作する場合は、別途スマートスピーカーが必要です。

更に関連製品「eRemote/eRemote mini」(スマートリモコン)、「eSensor」(スマートセンサー)と組み合わせて利用することで、より素晴らしい価値を生み出します。


ecurtain

太陽の光とスマートにつき合えるカーテン

朝、起床の時間。あなたはベッドの中で微睡んでいます。するとスマホのアラームとeCurtainのアプリが連動し、カーテンがスルスルと自動的に開いていきます。
眩しい朝陽を浴びたあなたの体は少しずつ、自然に目覚めていきます。
人間の睡眠を誘発するホルモンであるメラトニンの分泌は、深夜から早朝にかけピークを迎えます。

メラトニンは照度2500ルクス以上の光を浴びると減少しますが、暗い中アラームだけで無理に起きても体内に残ってしまいます。しかし太陽の光を浴びれば、たとえ曇りの日でもその照度は1万ルクスを超えますので、睡眠ホルモンを一気に減退させ、一日の始まりとなる朝に気持ちよく目覚め、快適なスタートを切ることができるのです。


ecurtain

あなただけの「これくらい」

カーテンの開き具合も、全開や半開はもちろん、お好みの開き位置を自分で決めることができます。冬は全開に、夏はこれくらいに…まさにミリ単位で自由に設定することができるのです。


ecurtain

防犯対策や見守りにも

eCurtainは、外出先からでもスマートフォンで簡単に、しかも直感的に操作できます。アプリ画面の開閉ボタンを左右にスライドさせるだけで、その指の動きそのものがカーテンの開閉と連動するのです。 たとえば旅行や出張などで長期の外出をする際、カーテンを何日も閉めたままでは防犯上の不安があります。そんな時eCurtainを使えば、まるで在宅しているかのようにカーテンを開け閉めして、空き巣狙いの不審者の目を欺くこともできるのです。

さらに離れた場所からでも、スマートフォンでカーテンを開け閉めしたり、開閉状況のモニタリングも可能です。一定時間に開閉しなければ、自動通知もできますので、離れて暮らす家族の見守りにも役に立ちます。(特許申請済)。


ecurtain

何もしなくてもコントロール

同社が提供するセンサーとの連動で、明るくなったらカーテンを開ける、室温が30 度以上になったら閉めるなど、eCurtainは、何もしなくても必要な時に必要なコン トロールが自動的にできるのです。


ecurtain

AIスピーカーとも連動…だから話しかけるだけ

eCurtainはGoogle HomeやAmazon EchoなどのAIスピーカーとも連動していますので、話しかけるだけで操作できます。たとえば、アラームもeCurtainもセットせずに寝ていたい休日の朝……眠りから少し覚めても、もうしばらくそのままでいたい……

そんな時でも、温かい布団にくるまったまま「カーテン開けて」と話しかけるだけで、差し込む太陽の光を感じながら気持ち良く起きることができるのです。


LinkJapanの新着ニュースをお届けいたします。