eMamo[イーマモ]

AIとIoTで
次世代見守り
サービス

eMamo AIでトータルデータ解析

eMamo(イーマモ)とは?

AIとIoTを活用し、
超高齢化社会問題を解決する
次世代見守りサービス

人手不足、介護離職、老老介護、孤独死、
シニア向け住宅などのあらゆる社会問題を解消

  • 最新のセンシング技術で異常検知して関係者に通知。ご家族、自治体、介護施設などとスムーズに連携が可能に

    センシング技術

    温湿度、照度、開閉、人感、心拍、
    呼吸、睡眠、体温、転倒…

  • 居宅から介護施設まで幅広い領域で活用
  • 見守りに必要なIoT機器、アプリケーションをまとめて提供
  • 他社の優れた見守り製品、システム、サービスとも柔軟に連携
  • 将来的にはAIによる未病対策や介護事業所・医療機関との情報連携も
eMamo AIでトータルデータ解析

eMamo(イーマモ)で
できること

介護施設・居宅での暗い例
例えば、

  • ご家族、介護者による家電の遠隔操作
  • 室内環境、生活状況の把握
  • 温湿度、人感、開閉、マット、転倒センサーなどによる異常検知通知(メール、SMS、音声電話)
  • SOSボタンによる緊急通知と駆けつけ業者への自動連携
  • 温湿度センサーと連動して室内環境を自動管理
  • 徘徊時に位置情報を把握

など、居宅、介護施設等問わず多様なニーズにお応えします。

家電遠隔操作、室内環境、異常検知通知などは、居宅の場合はスマホアプリ、介護施設の場合はPCブラウザ画面から操作や確認ができます。

共に超高齢化社会問題を
解決する事業パートナー様

こんな事業会社様のためのサービスです

  • 1自社の新サービスとして見守りサービスをご検討中

    <例>自治体、介護事業所、介護関連事業者(配食サービス、介護用品など)、ISP、電気通信事業者、宅配サービス、インフラ事業者(電力、水道、ガスなど)

  • 2自社の物件、施設へ見守りサービス導入をご検討中

    <例>不動産事業者、地域包括支援センター、介護施設、医療機関

  • 3既に見守りサービスを提供し、サービス拡充をご検討中

    <例>定期的な居宅への訪問サービスや電話連絡サービス、水道、ガス、電気や家電などの利用状況を活用するサービス

見守りサービスイメージ

eMamo(イーマモ)の
主な特長

プラットフォーム型で他社製品も追加可能
また、コミュニケーション型、緊急通知型の見守りサービスの補完にも利用でき、
圧倒的な低価格帯でご提供します(初期本体費用0円、月額費用のみ)

eMamoの特長

資料ダウンロードフォーム

ご登録のメールアドレスに、PDFのダウンロードリンクをお送りします。
info@linkjapan.co.jpからのメールを受信できるように
ご確認をお願いいたします。

お名前必須
御社名必須
メールアドレス必須
メールアドレス(確認用)必須

※フリーメール(gmail、hotmail)などのアドレスはご登録いただけません。

プライバシーポリシー ※必ずご一読ください。

ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせにお答えするために使用いたします。
また、お客さまに有益と思われる情報を電子メールや郵便等でお送りするために使用させていただく場合がございます。
ご不要な場合は、ご連絡をいただけば送付を停止いたします。
それら以外の目的には使用せず、またお客さまの承諾なく第三者に開示・提供しないよう、適切に管理いたします。
個人情報の取り扱いに関する上記以外の事項に関しましては、こちらをご確認ください。

PAGE TOP